Skip to content

「ラボワーク LW11 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使い DC モーターを制御する」の報告

by : 2016年12月5日

2016年12月3日(土)19:00から兵庫県の神戸市青少年会館のサークル室で「ラボワーク LW11 -  Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使い DC モーターを制御する」を実施しました。

P1430874_mid_640_480

今回のラボワークで使ったモーターシールドは、Adafruit 社のモーターシールドのクローンで、広く市場に出回っているものです。DC モーターは大電流を要するので、外部の別電源を利用することが良いのですが、このモーターシールドは外部電源を使う端子が用意されており、ジャンパピンで外部電源の利用に切り替えることができ、Aduino 公式のモーターシールドよりも使いやすいものです。

このモーターシールドで、Adafruit 社のモーターシールドライブラリを使ってプログラミングをしました。シールドに取り付けやすいように、あらかじめ DCモーターにはリード線をはんだ付けしておきました。

P1430876_mid_640_480

マイコンボードにモーターシールドを搭載し、DCモーターを取り付けます。各パーツの接続ができたらマイコンボードをパソコンに接続します。

P1430880_mid_640_480

P1430878_mid_640_480

DCモーターへの電源供給は、アルカリ単4乾電池2本を使って外部電源3Vとしました。回路ができパソコンにつないだら、コードを書いてマイコンボードに送り込みます。

P1430885_mid_640_480

P1430874_mid_640_480

広告

From → ラボワーク

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。