Skip to content

「ラボワーク LW12 - Arduino UNO と Netduino 3 で NPN エピタキシャル・ダーリントン・トランジスタ TIP120 を使い DC モーターを制御する」の報告

by : 2017年1月15日

P1450248_mid_640_480

2017年1月7日(土)19:00から兵庫県の神戸市青少年会館のサークル室で「ラボワーク LW12 -  Arduino UNO と Netduino 3 で NPN エピタキシャル・ダーリントン・トランジスタ TIP120 使い DC モーターを制御する」を実施しました。

この「ラボワーク」では、Arduino UNO と Netduino 3 をエピタキシャル・ダーリントン・トランジスタ TIP120 に接続し、外部電源から電力を供給して DCモーターをコントロールする実験をしました。

DCモーターは消費電力が大きいため、マイコンボードの I/O出力をそのまま接続することができません。そこでマイコンボードの I/Oを TIP120 に接続し、TIP120 によって DCモーターを駆動します。TIP120 は内部が 2個のトランジスタをダーリントン接続したものになっており、高倍率が得られる素子です。

P1440458_mid_640_480_TIP120

P1450250_mid_640_480

ブレッドボードとジャンパワイヤで簡単な実験回路を作り、DCモーターとマイコンボード Netduino 3 に接続します。マイコンボードの I/O をプログラムで制御し、DCモーターを動かしました。

P1450252_mid_640_480

Arduino では、Arduino IDE だけでなく、ビジュアルプログラミングツールも試しました。

P1450253_mid_640_480

広告

From → ラボワーク

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。