Skip to content

勉強会「マインクラフトとプログラミング教育」を開催します。

by : 2017年3月8日

Minecraft_Start_Screen_edit_500

2013年6月に閣議決定された「日本再興戦略」には「義務教育段階からのプログラミング教育等のIT 教育を推進する」という言葉が入りました。そしてこれを具体化する様々な取り組みが行われるなかで、2016年6月に閣議決定された「日本再興戦略2016」には「未来社会を見据えた初等中等教育の改革」として「プログラミング教育については、小学校における体験的に学習する機会の確保、中学校におけるコンテンツに関するプログラミング学習、高等学校における情報科の共通必履修科目化といった、発達の段階に即した必修化を図る」という踏み込んだ記述がされました。

アドミンティーチャーズでは小、中、高等学校の教員や教育に関心のある方とともに「プログラミング教育」をテーマに勉強会をしていきたいと考えています。今回のテーマは「マインクラフトとプログラミング教育」です。

———————————————————————————————————————-

テーマ:「マインクラフトとプログラミング教育」
日時:2017年4月22日(土)14:00~16:30 (受付13:30~)
場所:マイクロソフト関西支社

〒553-0003  大阪府大阪市福島区福島 5 丁目 6 番地 16
ラグザタワー ノースオフィス
JR 環状線「福島駅」より徒歩 1 分
阪神「福島駅」西出口 (2) より徒歩 1 分
JR 東西線「新福島駅」出口 (1) より徒歩 1 分
JR 大阪駅 (梅田) 桜橋口から徒歩約 15 分

定員:40名
プログラム概要

1.初めてのマインクラフト講習

Surface 3 でマインクラフト・エデュケーション版を使い、マインクラフトの基本的な操作法などを実習します。

2.小学生によるマインクラフトの作品発表

小学生が自分で作ったマインクラフトの構造物や世界を発表します。子どもたちがどんな視点を持ち、マインクラフトに魅力を感じているかを伝えます。

3.レッドストーン講習

マインクラフトには信号を伝える「レッドストーン」と、信号を発するスイッチや信号によって反応する様々なパーツがあります。これらを組み合わせることで論理的に一定の働きをする仕組みを作ることができます。この「レッドストーン」の使い方を中心にした講習をします。

4.マインクラフト・エデュケーション版の機能

マインクラフトのエデュケーション版には、通常のバージョンにはない、教育向けの仕組みが追加されています。この概要を説明します。

参加費:無料(終了後に懇親会を予定しています)
申し込み方法:電子メールで申し込み

(申し込みを締め切りました)

宛先 ad-teachers@outlook.com
件名 「2017年4月22日 マインクラフト勉強会申し込み」
メールの本文にご氏名、所属、懇親会参加の有無をお書きください。

持ち物:特にありません。Surface 3 とマインクラフトをご用意いたします。
世話人:松本吉生 (Microsoft MVP 兵庫県立神戸工業高等学校)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。