Skip to content

「ラボワーク LW12 - Arduino UNO と Netduino 3 で NPN エピタキシャル・ダーリントン・トランジスタ TIP120 使い DC モーターを制御する」の報告

P1450248_mid_640_480

2017年1月7日(土)19:00から兵庫県の神戸市青少年会館のサークル室で「ラボワーク LW12 -  Arduino UNO と Netduino 3 で NPN エピタキシャル・ダーリントン・トランジスタ TIP120 使い DC モーターを制御する」を実施しました。

この「ラボワーク」では、Arduino UNO と Netduino 3 をエピタキシャル・ダーリントン・トランジスタ TIP120 に接続し、外部電源から電力を供給して DCモーターをコントロールする実験をしました。

DCモーターは消費電力が大きいため、マイコンボードの I/O出力をそのまま接続することができません。そこでマイコンボードの I/Oを TIP120 に接続し、TIP120 によって DCモーターを駆動します。TIP120 は内部が 2個のトランジスタをダーリントン接続したものになっており、高倍率が得られる素子です。

P1440458_mid_640_480_TIP120

P1450250_mid_640_480

ブレッドボードとジャンパワイヤで簡単な実験回路を作り、DCモーターとマイコンボード Netduino 3 に接続します。マイコンボードの I/O をプログラムで制御し、DCモーターを動かしました。

P1450252_mid_640_480

Arduino では、Arduino IDE だけでなく、ビジュアルプログラミングツールも試しました。

P1450253_mid_640_480

ラボワーク LW12 - Arduino UNO と Netduino 3 で NPN エピタキシャル・ダーリントン・トランジスタ TIP120 使い DC モーターを制御する

高等学校の教科「情報」が実施になったのは、今から約13年前、2003年(平成15年)の4月からでした。当初はコンピュータやプログラミングの取り扱いに重点を置かない授業が多くみられましたが、ようやく近年になってその重要性が認識されるようになりました。そこで Adminteachers ではコンピュータやプログラミング、ネットワークを教科「情報」の授業で実践するノウハウを共有する勉強会をします。

「ラボワーク」では少人数でテーブルを囲み、それぞれのペースでアイデアを出し合いながらプログラミングや電子回路の実験をします。これまでに Atduino UNO や .Net Micro Framework が動き Visual Studio で C# を言語として開発できる Netduino 、切手大の小さな Arduino の亜種 Digispark などのマイコンボードを使い、マルチファンクションシールドや WS5100 チップを使ったイーサネットシールドなどの Arduino UNO 用のシールド、実験用の 38 種類のセンサキット、ESP8266 を使った WiFi モジュール ESP-01 や WeMos D1 などを使っていわゆる「Lチカ」から Web サービスまで様々なプログラミングを体験しました。第10回からはサーボモーターやDC モーターの制御実験をしました。

今回のラボワークでは、NPN エピタキシャル・ダーリントン・トランジスタ TIP120 を使い、Arduino と Netduino で DCモーターを制御します。TIP120 は内部に 2つの NPN 型トランジスタをダーリントン接続した回路でトランジスタの増幅力を高めたもので、高い増幅率を持ちながら安価に入手することができる素子です。

P1450220_mid_640_480

「ラボワーク」は自由参加型のオープンな体験会です。開始時間と終了時間は決めますが、各自ワーク時間内に自由にお越しいただいてかまいません。会議室の貸し時間帯の範囲で、スタッフは早めに会場入りしていることがあります。Arduino の開発環境はノートパソコンをお持ちいただければ当日ラボワークで設定することもできます。またノートパソコンなどがなくても実習は楽しめますので、手ぶらで来てもらってかまいません。ラボワークはゆるやかな体験、交流の場ですので、お気軽にお越しください。

————————————————————————————————————

日時:2017年1月7日(土)19:00~20:00
場所:神戸市青少年会館 サークル4号室(6階)
        (前回の勤労会館と同じ建物です)
神戸市中央区雲井通5丁目1番2号
最寄駅は三宮(JR、阪神、阪急、神戸市営地下鉄)徒歩2分から5分
神戸市勤労会館へのアクセス
対象:高等学校の情報教員、または情報教育に関心のある方
定員:15名
申し込み:電子メール
宛先 ad-teachers@outlook.com
件名 「2017年1月7日 ラボワーク LW12 申し込み」
メールの本文にご氏名、所属をお書きください。
持ち物:Arduino と Netduino の開発環境を整えたノートパソコン (あれば)
             Arduino UNO、Netduino 3 または Netduino 2(あれば) 
             ※マイコンボードは人数分ご用意します。
ノートパソコンの Arduino 開発環境は当日ラボワークで整えることもできます。またパソコンがなくても実習は楽しめますので、お気軽にお越しください。
運営費:500円程度
司会:松本吉生 (Microsoft MVP 兵庫県立神戸工業高等学校)

————————————————————————————————————

今回は前回と同じ「神戸市青少年会館」で行います。建物は勤労会館と同じで、6階の「サークル4号室」です。

「ラボワーク LW11 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使い DC モーターを制御する」の報告

2016年12月3日(土)19:00から兵庫県の神戸市青少年会館のサークル室で「ラボワーク LW11 -  Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使い DC モーターを制御する」を実施しました。

P1430874_mid_640_480

今回のラボワークで使ったモーターシールドは、Adafruit 社のモーターシールドのクローンで、広く市場に出回っているものです。DC モーターは大電流を要するので、外部の別電源を利用することが良いのですが、このモーターシールドは外部電源を使う端子が用意されており、ジャンパピンで外部電源の利用に切り替えることができ、Aduino 公式のモーターシールドよりも使いやすいものです。

このモーターシールドで、Adafruit 社のモーターシールドライブラリを使ってプログラミングをしました。シールドに取り付けやすいように、あらかじめ DCモーターにはリード線をはんだ付けしておきました。

P1430876_mid_640_480

マイコンボードにモーターシールドを搭載し、DCモーターを取り付けます。各パーツの接続ができたらマイコンボードをパソコンに接続します。

P1430880_mid_640_480

P1430878_mid_640_480

DCモーターへの電源供給は、アルカリ単4乾電池2本を使って外部電源3Vとしました。回路ができパソコンにつないだら、コードを書いてマイコンボードに送り込みます。

P1430885_mid_640_480

P1430874_mid_640_480

ラボワーク LW11 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使い DC モーターを制御する

高等学校の教科「情報」が実施になったのは、今から約13年前、2003年(平成15年)の4月からでした。当初はコンピュータやプログラミングの取り扱いに重点を置かない授業が多くみられましたが、ようやく近年になってその重要性が認識されるようになりました。そこで Adminteachers ではコンピュータやプログラミング、ネットワークを教科「情報」の授業で実践するノウハウを共有する勉強会をします。

「ラボワーク」では少人数でテーブルを囲み、それぞれのペースでアイデアを出し合いながらプログラミングや電子回路の実験をします。これまでに Atduino UNO や .Net Micro Framework が動き Visual Studio で C# を言語として開発できる Netduino 、切手大の小さな Arduino の亜種 Digispark などのマイコンボードを使い、マルチファンクションシールドや WS5100 チップを使ったイーサネットシールドなどの Arduino UNO 用のシールド、実験用の 38 種類のセンサキット、ESP8266 を使った WiFi モジュール ESP-01 や WeMos D1 などを使っていわゆる「Lチカ」から Web サービスまで様々なプログラミングを体験しました。第10回では Arduino UNO と Netduino 3 で Aduino UNO 用のモーターシールドを使ってサーボモーターのコントロールをしましたが、今回は DC モーターの制御実験をします。

今回のラボワークで使うモーターシールドは、Adafruit 社のモーターシールドのクローンで、広く市場に出回っているものです。DC モーターは大電流を要するので、外部の別電源を利用することが良いのですが、このモーターシールドは外部電源を使う端子が用意されており、ジャンパピンで外部電源の利用に切り替えることができ、Aduino 公式のモーターシールドよりも使いやすいものです。このモーターシールドで、Adafruit 社のモーターシールドライブラリを使ったプログラミングをします。正転、反転、スピードコントロールを体験します。

P1430685_mid_640_480

「ラボワーク」は自由参加型のオープンな体験会です。開始時間と終了時間は決めますが、各自ワーク時間内に自由にお越しいただいてかまいません。会議室の貸し時間帯の範囲で、スタッフは早めに会場入りしていることがあります。Arduino の開発環境はノートパソコンをお持ちいただければ当日ラボワークで設定することもできます。またノートパソコンなどがなくても実習は楽しめますので、手ぶらで来てもらってかまいません。ラボワークはゆるやかな体験、交流の場ですので、お気軽にお越しください。

————————————————————————————————————

日時:2016年12月3日(土)19:00~20:00
場所:神戸市青少年会館 サークル4号室(6階)
        (前回の勤労会館と同じ建物です)

神戸市中央区雲井通5丁目1番2号
最寄駅は三宮(JR、阪神、阪急、神戸市営地下鉄)徒歩2分から5分
神戸市勤労会館へのアクセス

対象:高等学校の情報教員、または情報教育に関心のある方
定員:15名
申し込み:電子メール

宛先 ad-teachers@outlook.com
件名 「2016年12月3日 ラボワーク LW11 申し込み」
メールの本文にご氏名、所属をお書きください。

持ち物:Arduino と Netduino の開発環境を整えたノートパソコン (あれば)
             Arduino UNO、Netduino 3 または Netduino 2(あれば)
             Arduino UNO 用モーターシールド(あれば) 
             ※マイコンボードとモーターシールドは人数分ご用意します。

ノートパソコンの Arduino 開発環境は当日ラボワークで整えることもできます。またパソコンがなくても実習は楽しめますので、お気軽にお越しください。

運営費:500円程度
司会:松本吉生 (Microsoft MVP 兵庫県立神戸工業高等学校)

————————————————————————————————————

今回は前回と同じ「神戸市青少年会館」で行います。建物は勤労会館と同じで、6階の「サークル4号室」です。

ラボワーク LW11 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使い DC モーターを制御する

高等学校の教科「情報」が実施になったのは、今から約13年前、2003年(平成15年)の4月からでした。当初はコンピュータやプログラミングの取り扱いに重点を置かない授業が多くみられましたが、ようやく近年になってその重要性が認識されるようになりました。そこで Adminteachers ではコンピュータやプログラミング、ネットワークを教科「情報」の授業で実践するノウハウを共有する勉強会をします。

「ラボワーク」では少人数でテーブルを囲み、それぞれのペースでアイデアを出し合いながらプログラミングや電子回路の実験をします。これまでに Atduino UNO や .Net Micro Framework が動き Visual Studio で C# を言語として開発できる Netduino 、切手大の小さな Arduino の亜種 Digispark などのマイコンボードを使い、マルチファンクションシールドや WS5100 チップを使ったイーサネットシールドなどの Arduino UNO 用のシールド、実験用の 38 種類のセンサキット、ESP8266 を使った WiFi モジュール ESP-01 や WeMos D1 などを使っていわゆる「Lチカ」から Web サービスまで様々なプログラミングを体験しました。第10回では Arduino UNO と Netduino 3 で Aduino UNO 用のモーターシールドを使ってサーボモーターのコントロールをしましたが、今回は DC モーターの制御実験をします。

今回のラボワークで使うモーターシールドは、Adafruit 社のモーターシールドのクローンで、広く市場に出回っているものです。DC モーターは大電流を要するので、外部の別電源を利用することが良いのですが、このモーターシールドは外部電源を使う端子が用意されており、ジャンパピンで外部電源の利用に切り替えることができ、Aduino 公式のモーターシールドよりも使いやすいものです。このモーターシールドで、Adafruit 社のモーターシールドライブラリを使ったプログラミングをします。正転、反転、スピードコントロールを体験します。

P1430685_mid_640_480

「ラボワーク」は自由参加型のオープンな体験会です。開始時間と終了時間は決めますが、各自ワーク時間内に自由にお越しいただいてかまいません。会議室の貸し時間帯の範囲で、スタッフは早めに会場入りしていることがあります。Arduino の開発環境はノートパソコンをお持ちいただければ当日ラボワークで設定することもできます。またノートパソコンなどがなくても実習は楽しめますので、手ぶらで来てもらってかまいません。ラボワークはゆるやかな体験、交流の場ですので、お気軽にお越しください。

————————————————————————————————————

日時:2016年12月3日(土)19:00~20:00
場所:神戸市青少年会館 サークル4号室(6階)
        (前回の勤労会館と同じ建物です)

神戸市中央区雲井通5丁目1番2号
最寄駅は三宮(JR、阪神、阪急、神戸市営地下鉄)徒歩2分から5分
神戸市勤労会館へのアクセス

対象:高等学校の情報教員、または情報教育に関心のある方
定員:15名
申し込み:電子メール

宛先 ad-teachers@outlook.com
件名 「2016年12月3日 ラボワーク LW11 申し込み」
メールの本文にご氏名、所属をお書きください。

持ち物:Arduino と Netduino の開発環境を整えたノートパソコン (あれば)
             Arduino UNO、Netduino 3 または Netduino 2(あれば)
             Arduino UNO 用モーターシールド(あれば) 
             ※マイコンボードとモーターシールドは人数分ご用意します。

ノートパソコンの Arduino 開発環境は当日ラボワークで整えることもできます。またパソコンがなくても実習は楽しめますので、お気軽にお越しください。

運営費:500円程度
司会:松本吉生 (Microsoft MVP 兵庫県立神戸工業高等学校)

————————————————————————————————————

今回は前回と同じ「神戸市青少年会館」で行います。建物は勤労会館と同じで、6階の「サークル4号室」です。

「ラボワーク LW10 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使う」の報告

P1410474_mid_640_480

2016年年11月5日(土)19:00から兵庫県の神戸市勤労会館の会議室で「ラボワーク LW10 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使う」を実施しました。

この「ラボワーク」では、Arduino UNO と Netduino 3 にモーターシールドを載せ、小型のラジコン用サーボモーター SG90 をプログラムでコントロールしました。

プログラムはサーボモーターを動かす原理 PWM を使ったものと、Arduino では servo.h ライブラリを使ったスケッチを試しました。またボリュームを取り付け、入力電圧の変化でサーボモーターの角度をコントロールすることも試しました。

P1410472_mid_640_480

P1410470_mid_640_480

ラボワーク LW10 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使う

高等学校の教科「情報」が実施になったのは、今から約13年前、2003年(平成15年)の4月からでした。当初はコンピュータやプログラミングの取り扱いに重点を置かない授業が多くみられましたが、ようやく近年になってその重要性が認識されるようになりました。そこで Adminteachers ではコンピュータやプログラミング、ネットワークを教科「情報」の授業で実践するノウハウを共有する勉強会をします。

「ラボワーク」では少人数でテーブルを囲み、それぞれのペースでアイデアを出し合いながらプログラミングや電子回路の実験をします。これまでに Atduino UNO や .Net Micro Framework が動き Visual Studio で C# を言語として開発できる Netduino 、切手大の小さな Arduino の亜種 Digispark などのマイコンボードを使い、マルチファンクションシールドや WS5100 チップを使ったイーサネットシールドなどの Arduino UNO 用のシールド、実験用の 38 種類のセンサキット、ESP8266 を使った WiFi モジュール ESP-01 などを使っていわゆる「Lチカ」から Web サービスまで様々なプログラミングを体験しました。第7回と第8回は ESP8266 を使った WiFi モジュールを実装した Arduino UNO の亜種である WeMos D1 を使ったプログラミングをしました。第9回では WeMos D1 の WiFi アクセスポイントとクライアント設定、Web サービスによる通信をしました。第10回では Arduino UNO と Netduino 3 で Aduino UNO 用のモーターシールドを使い、サーボモーターと DC モーターの制御実験をします。

P1410332_mid_640_480

P1410348_mid_640_480

P1410333_mid_640_480

P1410338_mid_640_480

「ラボワーク」は自由参加型のオープンな体験会です。開始時間と終了時間は決めますが、各自ワーク時間内に自由にお越しいただいてかまいません。会議室の貸し時間帯の範囲で、スタッフは早めに会場入りしていることがあります。Arduino の開発環境はノートパソコンをお持ちいただければ当日ラボワークで設定することもできます。またノートパソコンなどがなくても実習は楽しめますので、手ぶらで来てもらってかまいません。ラボワークはゆるやかな体験、交流の場ですので、お気軽にお越しください。

————————————————————————————————————

日時:2016年11月5日(土)19:00~20:00
場所:神戸市青少年会館 サークル4号室(6階)
        (前回の勤労会館と同じ建物です)

神戸市中央区雲井通5丁目1番2号
最寄駅は三宮(JR、阪神、阪急、神戸市営地下鉄)徒歩2分から5分
神戸市勤労会館へのアクセス

対象:高等学校の情報教員、または情報教育に関心のある方
定員:15名
申し込み:電子メール

宛先 ad-teachers@outlook.com
件名 「2016年11月5日 ラボワーク LW10 申し込み」
メールの本文にご氏名、所属をお書きください。

持ち物:Arduino と Netduino の開発環境を整えたノートパソコン (あれば)
             Arduino UNO、Netduino 3 または Netduino 2(あれば)
             Arduino UNO 用モーターシールド(あれば) 
             ※マイコンボードとモーターシールドは人数分ご用意します。

ノートパソコンの Arduino 開発環境は当日ラボワークで整えることもできます。またパソコンがなくても実習は楽しめますので、お気軽にお越しください。

運営費:500円程度
司会:松本吉生 (Microsoft MVP 兵庫県立神戸工業高等学校)

————————————————————————————————————

今回は前回と同じ「神戸市青少年会館」で行います。建物は勤労会館と同じで、6階の「サークル4号室」です。